令和2年11月11日 福祉健康委員会

【2020年11月11日 福祉健康委員会報告(田中ゆきえ】
令和2年11月11日の福祉健康委員会は、以下の1つの調査事件について理事者からの説明と質疑、そして以下の5つの報告について理事者から報告を受けた後に質疑が行われました。

調査事件1件
1.「新宿区障害者計画(令和3年度~令和9年度)、第2期新宿区障害児福祉計画・第6期新宿区障害福祉計画(令和3年度~令和5年度)」(素案)の作成及びパブリック・コメントの実施について

報告案件5件
1.新型コロナウイルス感染症に関する対応について
2.「新宿区高齢者保健福祉計画・第8期介護保険事業計画(令和3年度~令和5年度)」(素案)の作成及びパブリック・コメントの実施について
3.旧都立市ヶ谷商業高等学校の跡地等の活用方針(案)の作成及びパブリック・コメントの実施について
4.国民健康保険料納付書の送付漏れについて
5.食品衛生法違反による不利益処分について

このうち1の新型コロナウイルス感染症に対する新宿区の対応として、以下の質問を致しました。

区では、新宿区医師会に委託して、唾液を用いたPCR検査と抗原検査を実施した医療機関に、協力金を交付する事業を9月1日から実施しているが、10月2日付けの新型コロナウイルス感染症に係る行政検査の取扱いの一部改正によって、対象を唾液検査のみから鼻咽頭拭い液検査、または鼻腔拭い液検査に拡大するとのこと、

Q1 これまでは自治体のPCRセンターが中心に進めて来た検査を、個人クリニックが積極的に開始したことで、患者に陽性者が出た場合、あるいは医療者にとっても感染の危険のある鼻咽頭拭い液の検査増加の場合、医療機関の閉鎖等の問題は起きていないのか?
Q2 検査の選択はどうなるのか?

これに対し、
A1 現在は防護服等が充分に配布され、また医療従事者に対してはハイレベルな講習会を行っており、万全の体制を構築している。
A2 現在は唾液検査が多数だが、医療機関の判断に寄っている。センターでも希望は聞いている。
との答弁をいただきました。

Follow me!