福祉健康委員会

新宿区議会では昨日、福祉健康委員会が開催されました。

本会議場を使って、1列に1人ずつ着席、扉を開けて、マスク着用。

コロナ関連では、

⚫︎コロナの影響による介護保険、年金、高齢者医療、納付困難な方への猶予制度。

⚫︎イベント等の中止及び区施設の利用中止等期間の延長

⚫︎新型コロナウイルス感染症への対応について(事業者向け)

についての質疑が行なわれました。

私は兼ねてより区民の方から情報を頂いていた3件の質問を用意していました。

Q1 一般のクリニックにコロナの陽性が疑わしい患者が来た場合、防護服なしで対応するのか、マスク等が足りないとの状況をどうするのかと質問したところ。

A 基本、コロナの陽性が疑わしい患者さんはまず、区の相談センターに電話をしてから受診をしてもらうことで対応、マスクは都と相談してこれから補充する予定、との答弁でした。

2 兵庫県西脇市では、病院の駐車場にテントを貼り、屋外での「発熱トリアージ外来」をやっている。新宿区でもこのような取り組みをすべき。

3 都や区内の医師会と連携して様々な取り組みを検討しているところです、との答弁。

3 PCR検査より時間のかからないCT検査の取り組みについての質問を用意していましたが、

この質疑はあくまでも「飲食などの事業者」向けの対応に関する質疑に限ったものなので質問終了になってしまいました。

Follow me!